Adinte

新着情報News

小売DX支援にて大手小売業と連携したリテールメディアAdsプラットフォームが、購買分析可能な決済流通総額6兆7000億円突破!

2021.07.19

リリース

〜広告販促DXでポストCookie時代の広告メニュー開発とブランドメーカーへの運用分析サービスを強化〜



IOTとAIを活用し流通小売業・メーカー向けDX支援、リテールメディア開発、運用を行う、株式会社アドインテ(京都府京都市、代表取締役 十河慎治、以下「アドインテ」)は、大手流通小売業と連携したリテールメディアAdsプラットフォームが、広告配信から購買データ分析が可能な決済流通総額データが6兆7000億円を超えたことをご報告いたします。



【サービス概要イメージ】



【ポストCookie時代におけるリテールメディア活用の加速】

ここ数年、店舗をメディア化する海外の小売企業が広告業界に台頭し、広告メディア事業で大きな収益を上げる成功事例が、メディアで目にする機会も増えてきました。GAFAなどのデジタルプラットフォーマーに頼らず、リアルな店舗を購買行動データの収集場所とし、オンライン・オフラインのユーザータッチポイントをメディア化していく事例も国内外で増えつつあります。更には、小売企業が保有する会員情報やID-POSデータなど、CDPに格納したデータを起点としたインストアメディアへの配信やSNSなど外部メディアへの配信から購買分析までを可能とし、ブランドメーカーの精度の高いマーケティング施策が可能となってきております。



ポストCookieなど、広告業界に広がる問題や課題解決の一つとして、OSに左右されない広告メニューの活用として、リテールメディアへ広告出稿や活用に関する相談ブランドメーカー様から非常に多くなってきております。



【今後の展開】

日本でもリテールメディアの構築が加速しており、弊社のお客様である小売企業様と共同開発したリテールメディアや広告販促領域のDX支援も40社を超え、今後も、流通小売業様のリテールメディア開発の支援を強化していきたいと考えております。


リテールメディア構築における最大の目的は、リアル店舗でのユーザ体験向上を目的としており、引き続き、プロダクト設計や新たな広告メニューの開発、また分析レポートの高度化を図りながら、更なる事業成長を目指していきたいと思っております。



株式会社アドインテ

会社名 : 株式会社アドインテ
設立 : 2009年4月
代表者 : 代表取締役 十河慎治
URL https://adinte.co.jp/
所在地 : 〒600-8441京都府京都市下京区新町通四条下る四条町347-1CUBE西烏丸7F
事業内容 : 流通小売DX支援/リテールメディア開発・運用/O2O・OMOマーケティング


【本プレスに関するお問合せ先】
株式会社アドインテ 担当:管理部 龍味
電話:075-342-0255

PAGE TOPPAGE TOP