Adinte

新着情報News

大日本印刷と流通小売・メーカー向けDX支援強化を目的に資本業務提携のお知らせ

2021.05.10

リリース

~ID-POS連動型広告・デジタルサイネージ広告におけるリテールメディア開発、運用を強化~


IoTとAIを活用し流通小売・メーカーDX支援、リテールメディア開発・運用を行う、株式会社アドインテ(京都府京都市、代表取締役:十河慎治)は、大日本印刷株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:北島義斉)を引受先とする第三者割当増資により、資本業務提携を行ったことをお知らせいたします。





本協業により、消費者の購買体験向上を目指した、オンライン・オフラインを統合したリテールメディア開発と運用を強化いたします。

ID-POS連動型広告や自社アプリへのプッシュ配信などオウンドメディアの活用、店頭や棚前のデジタルサイネージ広告など、メーカーのブランディングから来店・購買までフルファネルをカバーする為の店舗のメディア化とオウンドメディア収益の最大化を実現いたします。


【協業の背景】

近年、デジタルプラットフォーマーは膨大な生活者情報を取得し、検索履歴や広告閲覧データ、人間関係の繋がりをもとに、精度の高いターゲティングが可能なメディアとして、配信面としての地位を確立してきました。
更にここ数年メディア側の機能拡張として、ECサイトとのシームレスな連携やワンクリックでの購買を可能にしたり、モバイルペイメントの提供など、購買ポイント・購買データ取得における機能拡張が次々とリリースされてきました。


一方で、IoTやAIなどのテクノロジーを活用し流通小売業のDXが進むにつれ、今までデータにならなかったオフラインの消費者行動がデータ化され、更には、店頭のアナログ販促のデジタル化も進み、リアル空間データとID-POSデータなど既存のデータ資産を掛け合わせることで、店舗を起点としたリテールのメディア化が国内外で大きく成長しております。


消費者へは、商品理解を深める機会やお得な情報をリアルタイムに取得したり、購買体験向上を目的としたリアル店舗のメディア価値は、今後さらに拡大していくものと考えております。

また、消費者ニーズの多様化や消費行動変化を捉えた、リテール領域におけるメーカー様との共同販促においても、購買起点でのマーケティング基盤は益々重要になると考えております。


【サービス概要イメージ】

大日本印刷の強みである、店頭での効果的な販促を実現する空間設計やラウンダー業務における店頭販促の実行支援、販促広告コンテンツの制作と、弊社の強みである独自開発をしたIOT端末やPOSデータの連携による購買情報の取得・分析および最適な広告配信ソリューションを連携することにより、リアルとデジタルの双方で、メーカーや流通・小売の企業と生活者のコミュニケーションをシームレスにつなぎ、DXによって商品・サービスの価値を高め、生活者に新たな買い物体験を提供する「ストアDX」支援事業を強化いたします。



ONEtoONEマーケティングを実行するためのカスタマージャーニーマップの作成だけではなく、両社の強みを活かし、【高度な分析を可能にするシステム基盤】×【購買体験の再設計】×【最新の技術ソリューション】により小売業・メーカー・消費者にとって価値のあるソリューションを提供いたします。


【今後の展開】

今後も大日本印刷と連携を図り、プロダクト設計やサービス強化、また広告施策・分析レポートの高度化など、「ストアDX」を推進し、更なる事業成長を目指して参ります。


また、店舗でのユーザー体験向上を目的としたリテールメディア開発・運用の取り組みは、単純なメディアビジネスではなく、消費者、物、情報のつながりの活性化を店舗を起点に作り出し、顧客理解と時空間の理解を深めることにより、顧客体験を起点とした事業展開とサービス開発を進めて参ります。


大日本印刷株式会社
本社:東京 代表取締役社長:北島義斉 資本金:1,144億円 https://www.dnp.co.jp

株式会社アドインテ
本社:京都 代表取締役社長:十河慎治 資本金4.7億円 https://adinte.co.jp/



【株式会社アドインテ】
本社所在地 : 京都府京都市下京区新町通四条下る四条町347-1 CUBE西烏丸7F
代表者   : 十河 慎治
事業内容  : O2O・OMOマーケティング/リテールメディアDMP開発、リテールメディア運用
( ホームページ :  https://adinte.co.jp/


【本プレスに関するお問合せ先】
株式会社アドインテ 担当:管理部 龍味
電話:075-342-0255

PAGE TOPPAGE TOP